ごみ処理をする方法

排出物の開放端がアンダーシンク配管に向かって回転するようにゴミ処理を行う必要があります。これは二重ボウルシンクのためだけに必要なステップです。シングルボウルに取り付ける場合は、そのままステップ3に進んでください。

測定テープを使用して、排出口からシンクボウルから下ってゴミ処理に向かうチューブまでの長さを測定する必要があります。この手順はダブルボウルの取り付けにのみ必要です。測定長さを使用して、マーカーを使用してパイプ上で同じ測定値をマークし、この長さでカッターを使用してスリップジョイントパイプを切断します。切断後、ナイフを使って切断後に残ったバリからパイプの端を滑らかにします。

ステップ1:ごみ処理をする

このステップでは、締め付けパイプでスリップジョイントを緩めてシンク底の配管を外す必要があります。ゆるめた後、パイプを外して脇に置きます。

ステップ2:測定

このステップでは、廃棄物の処理から排出物のカバープレートを取り外す必要がある。その後、カバープレートをシングルシンク設置のために囲まれた排出パイプの未加工端の上にスライドさせる必要があり、ダブルシンク設置の場合は、ステップ2で切り取ったスリップジョイントパイプの未処理端を使用する必要がある。

ステップ3:配管の取り外し

このステップでは、ナットおよびスリップワッシャを排出パイプの未加工端にスライドさせる必要があります。次に、排出パイプの生の端をトラップに、または二重ボウルの設置のためのT字型のメインフィッティングにスライドさせます。今度は、排出プレートの穴とゴミ処理の取り付け穴を整列させます。ねじでねじ止めし、ドライバで密封します。デュアルシンクの場合、ダウンチューブをシンクからティー本体に取り付ける必要があります

ステップ4:カバープレートを取り外す

スリップナットがきつく締まっていることを確認して接続を固定する必要があります。その後、タップをオンにして、設備内の漏れを検査することができます。

ステップ5:配管作業

ステップ6:安全のために締め付ける