カスタムオートバイスタンドを作る方法

オートバイスタンドは、オートバイの後輪を持ち上げて地面から持ち上げるのに役立ちます。これにより、キスタンドを使用せずにオートバイを起立させることができます。さらに、スタンドは、特にホイール、チェーン、ブレーキなどのリアパーツで作業する必要がある場合に便利です。最後に、ショーに自転車を表示して、人々が直立姿勢で見ることができるようにします。しかし、それは非常に難しい作業のように思われるかもしれませんが、実際に自転車を自分自身に立てさせることができます。あなたのやり方は次のとおりです。

あなたの要件と自転車の寸法に従って、以下の測定値を調整する必要があるかもしれません。

ステップ1 – 測定を調整する

4フィートの長さの1インチ幅の鋼管を持ち、両側の中央から4インチの2点を中央に8インチのセクションにする。

ステップ2 – 中央セクションにマークを付ける

マークされた点のパイプをU字型に曲げます。中央の8インチ部分が「U」の下の曲線を形成します。この目的のために金属製のベンダーを使用してください。

ステップ3 – パイプを曲げる

U字型のコーナーから24インチのパイプの垂直面にさらに2点をマークします。

ステップ4 – マークポイント

両側の “U”字の角に向かってパイプを上向きに曲げます。これらはスタンドの「腕」になり、スタンドが地面に置かれると、これらは垂直に伸びます。

ステップ5 – アームを曲げる

スタンドを自転車の下でスライドさせます。両方のアームがリアフォークの下に収まるようにして、交差するのに十分近い位置にあることを確認します。

ステップ6 – スタンドをスライドさせる

ステップ7 – 余剰パイプをカットする

両方の腕は、自転車を十分に地面から持ち上げるために、リアフォークの底より約4インチ高くなければなりません。これらのアームの端から余分なパイプを切り取ってください。

通常のメタルソーを使用して1/4インチの金属シートから2枚をカットします。作品は2インチ×4インチでなければなりません。

これらの部分をスタンドのアームの上端に溶接します。この目的のためにガスアーク溶接機を使用してください。これらは後部フォークのベースとして機能します。

スチールパイプの左の部分をカットし、手順2で作成した「U」字の後端に合うようにシェイプします。

アークパイプフレームの周りにそれを合わせる余分なセクションの終わり。それをスタンドのハンドルにするために “U”に溶接してください。

ステップ8 – 金属板を切断する

ステップ9 – 溶接シート片

ステップ10 – ハンドル用パイプを切断する

ハンドルをつかみ、スタンドを前に傾け、自転車の下にスライドさせ、自転車のハンドルを押してスタンドになるまで上げて、すべての寸法が正しいかどうかを確認します。

ステップ11 – ハンドルを作る

ステップ12 – スタンドをテストする