コンクリート部​​分3の上に舌と溝の床を釘付けする方法

パート3では、引き続き舌と溝の床を敷設し、ラチェットクランプでボードを圧縮し、蒸気バリヤー紙をトリムし、フロアボードに仕上げを施します。以下のガイドに従って、舌と溝の床をコンクリートの床下に固定する作業を完了してください。 (これは3部シリーズの第3部です。第2部に戻るには、ここをクリックしてください)。

それぞれのフロアボードを配置するときは、必ず接合の配置をずらしてください。ジョイントは、床の幅全体にわたって少なくとも6インチ離してください。後続の各ボードの溝を前の列の舌の上に置きます。前の列の舌の上には、飾り帯に釘付けされています。

ステップ1:舌と溝の床材の敷設を続ける

床の幅5〜8フィートごとに1つのラチェットクランプを使用してください。ラチェットクランプストラップのリップを第1周縁フロアボードの溝に固定します。ストラップを最後に寝かせたボードに引き出します。ラチェットクランプをそのボードの舌の周りに固定し、ラチェットハンドルを手前から奥に押して、ボードをしっかりと締めます。ボードが溝とバックルから飛び出す可能性があるので、過剰な圧力をかけないでください。ラチェットクランプを取り付け、最後のボードに釘付けするとすぐにラチェットクランプを解除します。

ステップ2:ラチェットクランプを使用してフロアボードの間隔を締めます。

最後の舌と溝板が取り付けられるところに到着したら、舌を斜めにしてメインエッジと面一にします。これにより、ベースボードを置くクリーンエッジが作成されます。最後の板を上の釘で上から下に釘付けにし、それらを少し皿にする。ベースボードはこれらの爪の上を覆います。

ステップ3:最後のボードの取り付け準備

あなたの箱の切断ナイフで、舌と溝の床の上にまだ見える蒸気バリヤー紙を注意深く切り取ってください。

ステップ4:蒸気障壁紙をはがす

完成していないフローリングを設置した場合、その表面は汚れや水系のシーラーで仕上げ、シーリングする必要があります。プラスチックのドロップシートで出入り口を封じ込めて部屋を準備し、開いた窓にファンをセットして粉塵を引き出します。床のすべての部分をパワーサンダーで移動し、木の表面を滑らかにします。ショップの真空で、すべてのおがくずをきれいにする。プラスチックシートをはがし、水をベースにした木目を塗ります。この汚れを約4時間乾燥させた後、汚れが乾燥したら直ちに水系シーラントを塗布してください。シーラントは約2時間で乾燥し、その後部屋のベースボードを締め直すことができます。

ステップ5:砂を練って床を仕上げる

床が完成し、ベースボードが設置されたら、すべての家具と壁の装飾を部屋に戻すことができます。新しく完成した舌と溝の床に傷をつけるのを避けるために、慎重に家具の部分を運んでください。