スプリングヒンジを作る方法

スプリングヒンジを使用すると、ドアが開いたり閉じたりしたときにドアを特定の位置に保つことができます。スプリングヒンジでドアを開けることができますが、いったん離れると特定の位置に戻ります。スプリングヒンジは、キャビネットのドア、ボックス、ラッチやロックを含むさまざまなアイテムなど、あらゆる種類のアプリケーションで一般的に使用されています。通常のピンヒンジを使用して独自のスプリングヒンジを作ることは、非常に簡単な仕事であり、実用的な感覚を持つ人は誰でも管理できるはずです。

まず、ヒンジの一端に狭い釘を通します。これはヒンジの内側のピンがアセンブリから押し出されるまで押さなければなりません。これで、ヒンジの2つのメインセクションを分離することができます。

ステップ1 – ヒンジの部分を分離する

鉛筆を使用して、ヒンジに長方形の印を付けます。このマークは、ヒンジの両方の半分が合う中央に正確に配置する必要があります。必要に応じて、ルーラーを使用して完全に正確な測定値を取得します。マーキングに満足している場合は、アングルニッパーのペアを使用して領域を切り取る必要があります。ヒンジの両側の中央部分を覆うように、中央の穴があるヒンジで終わるはずです。この空きスペースは、ばねとピンを配置して機能するスプリングヒンジにする場所です。

ステップ2 – 長方形を描き、領域を切り取る

ヒンジピンの一方の端をバイクランプに慎重に置き、所定の位置に固定します。あなたは、細いワイヤー、理想的には音楽ワイヤーが必要です。また、ワイヤーは片側がバイスに置かれ、動かないように十分にタイトでなければなりません。

ステップ3 – 音楽ワイヤを入手する

プライヤーで、ワイヤの緩い端を取って、先に取り外したヒンジのピンに巻き付けます。ワイヤーのコイルがピンの周りにしっかりと巻きつけられていることを確認してください。コイルが、先に切り取ったヒンジの領域より少し短くなるまで、ワイヤを巻きつけてください。ワイヤの端部は、他端部とは反対の方向を指すようになります。ヒンジピンとワイヤーをバイスから取り出し、アングルニッパーを使用して余分なワイヤーを切り取って、両端に0.5インチを超えないようにします。

ステップ4 – ヒンジピンの周りのコイルをコイルに巻く

ヒンジの両半分を合わせ、ヒンジピンをヒンジに巻きつけたワイヤでヒンジピンに取り付けます。あなたが作ったコイルスプリングは、あなたがヒンジのために切り取った領域になければなりません。ピンを所定位置に戻し、スプリングを通します。新しいスプリングヒンジを使用する準備ができているはずです。

ステップ5 – 仕上げ