テクスチャードコンクリート表面の維持方法

打ち抜かれたコンクリート表面と呼ばれることが多いテクスチャ付きのコンクリート表面は、特殊なテクスチャとデザインを含むものです。これらのタイプのコンクリート表面は、コンクリートが液状である間にコンクリートが改質されるときに生成される。コンクリートに独特の質感を与えるために、通常スタンプまたは他の装置が使用される。このプロセスでは、コンクリートの外観や外観を向上させるために、染色や塗装が一般的です。テクスチャードコンクリートの壊れやすい性質のために、そしてあなたの家にテクスチャードコンクリートの特殊な外観を保つために、このフィクスチャーを適切に維持する方法を知る必要があります。

テクスチャードコンクリートを汚れや他の傷から守るための鍵は、優れたコンクリートシーラントです。アクリルシーラーソリューションは、暴露される可能性のあるオイル、塗料、その他の物体によって引き起こされる汚れから、暴露損傷からコンクリート表面を保護するのに役立ちます。しかしながら、不都合なことに、シーラントは、定期的に完全に修理または交換する必要がある。アクリルシーラーを定期的に交換しないと、テクスチャードコンクリートがさまざまな原因で損傷することがあります。

ステップ1 – シーラントを維持する

適切な塗布ツールを使用してアクリルシーラーの層を塗布します。ほとんどの場合、ペイントブラシを使用してシーラーをコンクリートの表面に直接ブラシで塗ることができます。これを行う前に収集した可能性のある破片のコンクリートを清掃すると便利です。シーラーを塗布している間は、化学薬品との接触を避けるために保護ゴーグルと手袋を着用してください。シーラーを乾燥させ、2番目のコートを塗布することも検討してください。

ステップ2 – 掃引または真空デブリ

テクスチャーを施したコンクリート表面のためにできる最悪の事の一つは、あまりにも粗すぎることです。あなたがコンクリートの表面をきれいにするために残骸や汚れがある場合は、きれいにしながらコンクリートの脆弱なパターンを傷つけたりクラックさせたりしないように注意する必要があります。大きなほこりや汚れをきれいにするために、柔らかい毛のついたほうきを使用してください。真空は、場所に届きにくい汚れを少量取り除くのにも役立ちます。

ステップ3 – 雪と氷を即座に扱う

雨は一般的にテクスチャードコンクリートにとって大きな懸念事項ではありませんが、雪と氷があるかもしれません。雪と氷がコンクリートの表面に置かれているときに生じる水の膨張と収縮のために、液体の水よりもコンクリート自体にダメージを与える可能性がはるかに高いです。しかし、雪を吹き飛ばすために除雪機を使用しないでください。むしろ、プラスチックショベルのみを使用することが重要です。これにより、テクスチャードコンクリートを破砕したり割れたりしないようにします。