具体的なパーキングバンパーの作り方

コンクリートパーキングバンパーは、多くの目的に使用できます。ある区域への車両の進入を止めるためにそれらを使用するか、またはそれ以上駐車カーを警告するために、駐車バンパーは効果的に使用され、容易に利用可能である。しかし、あなた自身を作ることは少し長く、しかしより安いプロセスであり、楽しい活動であることも証明することができます。必要なパーキングバンパーを形成し、コンクリートが治癒するのを待つフォームを作成するだけです。以下のステップバイステップガイドでは、どのようにしてジョブを実行するかを説明します。

あなたのパーキングバンパーをしたいサイズに応じて弓を使用して合板をカットします。あなたはコンクリートを保持する3Dフォームを作るために、様々な異なるサイズに外部グレードの合板シートを切断する必要があります。フォームの側面と底面をやや尖ったピラミッド型にするカットピース。つまり、フォームが完成したら、伏せたときにピラミッドに見えるはずです。耐水性があり、これらのような仕事に適しているため、外面グレードの合板が使用されています。

ステップ1 – パーキングバンパーのためのフォームを作る

電気スクリュードライバーを使用して合板の異なる部分をねじ込んで結合し、バンパーのフォームを形成します。

ステップ2 – フォームのエッジに接着剤を塗布する

フォームの端とその周りに接着剤を塗布し、フォームを23時間放置します。これは、フォームに強い力を与え、コンクリートの重さに耐えられるようにします。

ステップ3 – コンクリートミックスを準備する

24時間後、コンクリートミックスバッグに記載されている製造業者の指示に従って、コンクリートミックスを準備する。

ステップ4 – コンクリートミックスをフォームに注ぐ

コンクリートミックスを半分に塗りつぶしてください。

ステップ5 – 補強バーを追加する

フォームの途中にコンクリートミックスを塗りつぶしたら、補強バーをフォームに追加します。あなたがこれを行う前に、フォームの長さとあなたが構築したいバンパーに応じて弓でバーをカットしていることを確認してください。さもなければ、バーは明らかに適合しません。

ステップ6 – フォームを記入して乾燥させる

ステップ7 – ジョブの終了

鉄筋を追加した後、上部までコンクリートミックスを充填し、6時間乾燥させます。 6時間以上乾燥させた後、または表面が触れにくくなるまで、フォームを先に傾けて、コンクリートパーキングバンパーがスライドするように少し振ってください。

完成したコンクリートパーキングバンパーを48時間硬化させてください。あなたはそれをあなたの駐車場に持ち帰り、地面に固定することができます。