旅行のドラムケースを作る方法

ドラムキットで旅行する場合は、ドラムごとにドラムケースが必要です。あなたはこれらを購入することができますが、自分で作ることもできます。これらははるかに安くなり、正しく行われれば神の保護を与えます。あなたは、仕事のためにミシンを使用することができる必要があります。ドラムケースは柔らかいですが、良好な保護のために内部に泡が入ったキャンバス製です。

まず、ドラムケースが必要なドラムを測定します。ドラム自体とドラムとそのハードウェアの外周と深さを測定するだけでなく、これにより、ドラムはケース内で快適にフィットし、ケースは容易に閉じることができます。円周はドラムの両側で同じでなければなりません。両側を測定することで、数字のチェックが行われます。

ステップ1 – 測定

ドラムケースの外側には、良質のキャンバスを使用する必要があります。それは容易に縫うことができるだけでなく、それが容易に裂けないように十分に頑丈であるべきです。ドラムケース内のすべての面に1インチの発泡ゴムを使用してください。これは、ハードウェアの周りに十分に圧縮され、再び押して、ドラムスキンとシェルを保護します。

ステップ2 – 材料

縫製のためには、重い使用の下で分割しないミシンとヘビーデューティの糸を使用する必要があります(旅行用ドラムケースの場合は重い使用になります)。ドラムケースのサラウンドを作って始めましょう。ドラムの円周より1インチ長いキャンバスを張ってください。それが円を作るようにそれを縫う。強力なシームを持つために1インチのオーバーラップがあります。その後、キャンバスをドラムの円周と同じ円にカットして、辺の1つを追加する必要があります。すべての周りにステッチが強いことを確認してください。

ステップ3 – 縫製

ドラムケースの側面と同じ幅にカットされた発泡ゴムを使用してください。ドラムケースの内側に接着剤を塗布し、発泡ゴムをしっかりと固定するまで押し込みます。発泡ゴムが端にしっかりと結合されていることが特に重要です。その後、ドラムケースの外周よりも1インチ小さい発泡ゴムの輪を切断します。ドラムケースの内側に接着剤を塗布し、発泡ゴムを所定の位置に押し込みます。それは発泡ゴムの残りの部分とぴったり合うはずです。

ステップ4 – フォームラバー

ドラムケースにはまだ開閉可能な蓋が必要です。ドラムを取り外すことができます。ドラムの円周と同じサイズのキャンバスの円を切り取ってください。ドラムケースを裏返しにします。ドラムの外周と同じ長さのジッパーを持ってください。ジッパーの片側をドラムケースに縫います(縫い目が表示されない内側を縫い付けます)、もう一方を蓋に合わせます。ジッパーが機能することを確認してください。仕上げをするには、ふたよりも1インチ小さいフォームのゴムの輪を切断し、適所に接着してください。

ステップ5 – 蓋