木製のキッチンチェアのクッションを作る方法

あなたの木製のキッチン椅子が長期間座っていないことが分かった場合は、そのクッションを得ることを考えなければなりません。あなたは1つを買うことができますが、あなた自身のクッションを作ることは簡単で安価で、あなたが店で見つけることができなかったあなたの他の装飾と一致するユニークな外観を選ぶことができます。あなたが縫製に慣れていなくても、このプロジェクトはあなたの能力の範囲内にあります。それは初心者には最適です。いくつかの一般的な消耗品を使用すると、ほとんど時間のないクッションを簡単に完成させることができます。

あなたは、特にあなたがこのプロジェクトのために特別に購入し、あなたが必要とする正確な形状とサイズを購入した場合、あなたの泡のサイズが許容できるサイズであると感じるかもしれません。しかし、あなたが別のソースからフォームを再利用している場合(これは完璧な戦略です)、おそらくサイズに合わせてカットする必要があります。

ステップ1 – 泡を切断する

まず、あなたのクッションをどのような大きさと形状にするか決めてください。あなたの椅子をモデルとして使用することは、このステップのための良いアイデアです。あなたの泡を測定し、印をつけてから、あなたのユーティリティナイフを使ってそれをサイズにカットしてください。

ステップ2 – 布を切る

このステップでは、あなたの泡のサイズよりもはるかに大きい2つの布を選択する必要があります。ワンピースを持っている場合は、余分な余裕を持って上と下を完全にカバーするのに十分な大きさの2枚をカットします。小規模なスクラップを使用している場合は、すでにこの手順を完了している可能性があります。実際、十分な大きさかどうかを確認したい場合があります。

ステップ3 – クッションの組み立て

最初の布を平らな作業面に置きます。あなたの泡を布の上に置きます。 2枚目の布を下にして仕上げます。あなたが作成したものはクッションのモデルですが、内側にあることを覚えておいてください。このため、あなたの布がより魅力的な側面を持っている場合、それは内側に向かうべきです。

ステップ4 – クッションを縫う

あなたのミシンを使用して布の2つの部分を一緒に縫うために、泡が動き回るための少量の部屋を残してください。 4つの側面のうちの3つだけを閉じてください。また、泡が丸い場合は、完了後に泡を取り除くのに十分なスペースを取っておきます。

ステップ5 – 仕上げ

あなたが作ったカバーから泡を取り出し、カバーを裏返しにします。あなたの泡を内部に戻し、開口部をそれ自身で回して、それを閉める。

この時点で、最小限の機能的なクッションがあります。しかし、このプロジェクトは非常にシンプルなので、あなたの個人的なタッチを変更して追加するのは簡単です。たとえば、布を残している場合、ミシンを使ってこのクッションを椅子に取り付けるストラップを作るのは簡単です。クリエイティブに!