木製のストレージキューブを作る方法

ストレージキューブを構築することは、目的を格納するための余分なスペースを自分自身に提供する比較的簡単な方法です。ストレージスペースの欠如は、家庭でも職場でも、多くの人々が直面している共通の問題です。時には、人々は棚のユニットやキャビネットを買うためにお金を鍛造することをやめてしまい、ちょっとしたやり方で物事を取り除く傾向があります。私たち自身のオーガナイザーとストレージシステムを作ることは、はるかに実現可能です。節約から離れて、彼らはスタイルとサイズの両方に関してよりカスタマイズ可能な方法で作ることができます。木製の収納用立方体を作るための基本的なガイドラインについてさらに詳しく説明しましょう。

まず、ストレージキューブを配置する場所を決めます。空き領域に応じて、適用するディメンションを決定できます。最終的なストレージシステムのレイアウトのスケッチを描きましょう。同様のサイズのキューブを作成することも、サイズを変更することもできます。

ステップ1:計画とスケッチ

次に、必要なツールや資料を入手する必要があります。うまく動作しない木材を選んでください。合理的な手当を加えるために念頭に置きながら、決済した寸法に従って厚板を購入してください。

ステップ2:マテリアルを取得する

安全眼鏡と手袋を着用し、必要な寸法で木材を切断し始める。

ステップ3:木を切る

サンドペーパーを使用して木を砂にすると、滑らかできれいな仕上がりが得られます。その後、サンディング後に生成された粉塵を取り除くために湿った布で拭いてください。

ステップ4:サンディング

ストレージキューブを自然な木製の色にしたい場合は、この手順を省略できます。ただし、塗装したい場合は、この時点で行うのが最善です。さもなければ、それらが立方体に組み立てられると、それらをきれいに塗りつぶすことがより要求され、時間がかかることがわかります。 2つ以上の塗料を塗布してから、木材シーラーの塗料で乾いたカバーにしてから保護します。

ステップ5:絵画

これで、一緒にカットしたすべての木製パーツを組み立てて、立方体にすることができます。ベースを両側に固定するには、ネジを使用します。その後、上部と最後に背部を固定します。すべての接続で正確な直角を作成するように注意してください。そうしないと、きれいな結果が得られません。

手順6:個々のキューブのアセンブル

ステップ7:最終的なタッチ

ネジが見える場所を隠すために、いくつかの木製のパテを適用します。あなたが木を塗った場合は、小さな絵筆を使ってこれらの部分に塗料を塗って目立たないようにします。

すべての個々の立方体が準備ができたら、それらを単一の単位で一緒に集めなければなりません。一番下のキューブから始め、一番上にキューブを追加してください。木材の接着剤を塗布し、堅牢性と安全性を高めるためにネジで固定します。あなたが望む形状とレイアウトに従ってそれらを設定してください。あなたのストレージキューブは、あなたのアイテムで記入する準備ができています。今、あなたはそれらのおかげで、よりきれいで組織的な環境を持つことができます。

ステップ8:最終アセンブリ