木製の作業台を作る方法

建てやすい、安価な木製の作業台は、ガレージやワークショップに最適です。良いワークベンチは空想的である必要はなく、たくさんの余分な鐘や笛で構成されています。ワークベンチの主な機能は、奇妙な仕事や仕事を完了するための耐久性のある頑丈なベースを提供することです。ここでは、非常にシンプルでありながらソリッドな木製の作業台を作成するためのステップバイステップガイドがあります

まず、同じサイズの2×4木材を2枚切ります。これらの作品はフレームを構築し、木製の作業台の脚を支えるために使用されます。フレームは4枚の木材で構成されています。 2枚は長さが長く、2枚は短くなっています。

ステップ1 – フレームをカットする

正確に同じ高さに2つずつ4つの4つの部分をカットします。ベンチで作業するときに身長を快適にする長さを選択してください。非常に強力なワークベンチが必要な場合は、2×4の代わりに4×4を使用できます。

ステップ2 – 足を切る

フレームの部分を床に置き、それらを一緒にねじ込み始めます。木を分割したり、木片が緩んだりしないようにしっかりとフレームを固定するのに十分な長さの木ネジを使用してください。

ステップ3 – 上部フレームを一緒にする

ボルトまたは木ネジを使用して、フレームに脚を取り付けます。各脚に最低4本のネジを使用し、脚をフレームにしっかりと固定するのに十分な長さであることを確認します。

ステップ4 – 脚をフレームに取り付ける

次に、最初のフレームと同じ仕様の2番目のフレームを作成する必要があります。

ステップ5 – 2番目のフレームを作成する

2番目のフレームを脚の下から約6〜8インチ上にスライドさせます。次に、少なくとも4本の木ネジまたはボルトを使用する前に、フレームを脚に取り付けます。

ステップ6 – 第2のフレームを取り付ける

ステップ7 – ワークベンチの上部をカットする

すべての面で約4~6インチのフレームの上にぶら下がっているサイズに合板を切ってください。カットを測定するには、フレームの深さと幅に約8〜12インチを追加するだけです。

シェルフの役割を果たす下部フレームの上に合板を置く必要があります。これを行うには、下部フレームの上部に沿って測定し、合わせて合板を切断します。次に、木ネジを使用して下枠の上に合板をしっかりと取り付けます。合板シェルフをしっかりと固定し、ベンチが揺れないように十分な木ネジを差し込んでください。

上部のフレームに先に切断した合板をLフレームのブラケットで上部のフレームに取り付けます。木製のネジで一時的に固定することができます。

あなたの木製の作業台の合板の上を覆う安価な硬材の床や他のタイプの滑らかな木材を探してください。それは合板の一番上に一致するように床やハードウッドをカットし、すべての側面に並んでいます。堅い木の上を合板の底に釘付けて、それがしっかりと取り付けられるようにしてください。ハードウッドの上部を取り付けたら、Lブラケットからネジを外し、より長い木ネジで取り替えます。それらを完全に運転して締めてください。

ステップ8 – 下側の作業台棚を切断する

ステップ9 – Workbench Topのインストール

ステップ10 – トップカバーを取り付ける