舗装機械で曲線を作る方法

いくつかのツールといくつかの忍耐を使って、コンクリート、レンガ、石材、またはその他の材料で作られた舗装に魅力的で機能的な曲線を作成できます。

あなたの通路、境界または擁壁に穏やかな曲線が必要な場合は、切断することなく形状を得ることができます。

フルパヴェパティオと歩道

完全な舗装壁ブロックの保持

手で切断する

壁ブロックを保持する多くのスタイルにはいくらかの曲線があり、背中よりも前面が広い。これは、汚れで満たされた隙間を提供し、壁をその背後の土に結合する。しかし、くさび形はまた、後ろ向きの優雅なカーブを作り出すために使用することもできます。すき間は狭くなりますが、機能的です。

電動工具を使用した切断用パウダー

隙間を完全に失わないようにしてください。そうしなければならない場合は、1回または2回だけ連続して行ってください。あなたはまだ壁を地球に固定するためにいくつかの隙間が必要です。

掃除

これらの舗装業者は、以前の舗装業者に対してある角度でちょうどわずかに敷設し、その結果生じた隙間に汚れや砂を埋めることができます。

デザインアプローチ

より鋭いカーブが必要な場合や、舗装やブロックの形状に反するものがある場合は、舗装を切断する必要があります。手の方法はかなりの練習を必要としますが、舗装の形成に対処するためのローテクな方法です。

あなたがパワーツールに慣れている場合、彼らはあなたの舗装やブロックをカットアウトの推測と運を取ることができます。

あなたのカッティングがあなたのデザインに干渉するバリやエッジを残している場合は、粗い金属ファイルでそれらをファイルするか、パワードリルの研削ホイールでそれらを磨きます。

これらの手順を使用すると、各舗装機を短くしたり、角度をつけたりすることができます。精密切断のために舗装機械を安全に保持することは難しいため、小さな部品を切断することはしばしば困難です。したがって、くさびが擁壁の答えになるかもしれませんが、小さな杭の場合には短縮と角度の道を行きたいかもしれません。