葉巻湿度計の作り方

葉巻湿度計は、シガーヒュミドールの相対湿度を測定するのに使用される重要な装置です。ヒュミドールが一定の水分を保つことを保証するために、既製の湿度計を購入するか、以下の手順に従って簡単な湿度計を作ることができます。

このプロジェクトでは、ミルクやジュースなどの消費された液体製品からきれいな空のカートンが必要です。カートンをすすぎ、乾かしてください。その後、長い髪の毛(約8インチ)を持つ人を選び、3本の撚り線を引き抜く。ポインタとして機能するように大きな針を準備し、ポインタのスピンドルとして機能させるために細い線を準備します。ワイヤーは、カートンの幅よりも少なくとも1インチ長い必要があります。

ステップ1 – 材料の準備

秤を準備するには、梱包箱の幅に等しい辺を持つ正方形の段ボールを切り取ってください。段ボールの下半分に、半円形の尺度を描きます。これは後で相対湿度の指標として使用されます。髪の毛が糊付けされる重さの役割を果たすために、ペニーも手に入れてください。

ステップ2 – 湿度計の構築

これが混乱しないように、カートンを平らな面に置き、その長さがテーブルと平行で、垂直でないようにしてください。ボックスの上面に、紙クリップの3分の2を右端の中央に挿入します。

ステップ3 – 湿度計の設定

それでも、一番左側から1インチ離れたカートンの上面に、カミソリのカッターを使ってH型を切ってください。 H字型の幅は1インチでなければなりません。カットから作成された2つのタブを曲げ、1×1の正方形のタブを形成するようにトリムします。

正方形のタブの正確な中間部分を決定し、それらにマークを付けます。薄い堅いワイヤーをタブ上のマークの付いた場所に押して、ポインタースピンドルを作成します。ポインタスピンドルのすぐ下にあるカートンの前面には既製の段ボールの目盛りが付いています。ポインタを作成するには、厚紙のすぐ上にある細いワイヤの側面に針の先端を取り付けます。

ペニスに髪の毛の一端を接着し、もう片方の端をポインタスピンドルに3〜4回巻き付けます。ペニーが箱の真ん中にぶら下がるのを許しながら、髪の毛のもう一方の端をペーパークリップに結びます。

髪がまだ乾燥している間、ポインタはスケールの特定の場所を指します。ゼロとしてマークしてください。その後、湿度計が最大湿度に達するまで、デバイスを湿度の高いバスルーム内に置いてください。ポインターの位置を確認し、100%とマークします。葉巻湿度計は湿度計内部で使用できるようになりました。