薄暗いローマの色合いを作る方法

シアーローマンシェードは、最も簡単なシェードスタイルです。彼らはリラックスした風船や雲のスタイルに適しています。軽量でありながら流体の質感があり、ダウエルを挿入する必要はありません。下の指示に従って、薄暗いローマンシェードを作る方法を学んでください。

ステップ1:ハンギングのためにウィンドウを測定する

ステップ1:ハンギングのためにウィンドウを測定する

窓枠の内側の下側から窓枠までを測定します。織物の幅を1インチにつき1インチ、上下のエッジを2インチ追加します。

ステップ2:ファブリックのフルネスの測定

ステップ2:ファブリックのフルネスの測定

ステップ3:4つのエッジのうち3つを縫い合わせる

平らな、リラックスした日陰のために、上記の寸法に布を切断します。バルーンシェードの場合は、ウィンドウの幅の2倍のファブリックを使用します。クラウドシェードの場合は、ファブリックをウィンドウ幅の3倍にカットします。

ステップ4:ヘッドレールに取り付けるためのトップヘムの準備

ステップ3:4つのエッジのうち3つを縫い合わせる

ステップ5:持ち上げコンポーネントの取り付け

1インチ幅の長い側端に沿ってヘムを縫い合わせる。ヘッダアタッチメントのために深さ2インチの上裾に縫い付けます。底部には、寛大な裾のスリーブを2インチ深めにし、両側を開いたままにしておきます。この裾には、3種類のシェードスタイルのそれぞれにティッシュが詰め込まれています。

ステップ4:ヘッドレールに取り付けるためのトップヘムの準備

ゆったりとしたローマンシェードのために、マジックテープのフック側に縫い付けます。バルーンシェードの場合、裾がヘッドレールと同じ幅になるまで、2インチの手で吊り下げた引きコードを1インチ離して引っ張って、上の裾を集めてください。スレッドを締め、余分なギャザーの糸をはさみます。上記のようにストリップのベルクロフック側に縫い付けます。上の裾を横切って3インチごとにバルーンシェードを折り曲げ、ピンボックスのプリーツを縫い、ミシンでそれらをステッチします。それぞれの下の裾が必要に応じて集まったら、裾の形状を維持するために組織に詰め込み、開いた辺を閉じて縫う。

ステップ5:持ち上げコンポーネントの取り付け

シェードの種類ごとに、下側のプラスチックリングを下側の縁のヘムラインに持ち上げて取り付けます。水平に8~10インチの間隔をあけて、上端の裾まで2本の糸でプラスチックリングをリラックスした色合いに直接取り付けます。バルーンシェードで、折り目をつけて中央の折り目をつけ、プラスチックリングをその上に縫い付けます。他の2つのセットを両側の外側の裾のステッチエッジに縫います。それらを左右に並べ、縦に並べます。雲の影で、他のリングと同様に2つの外側の輪のセットを取り付け、中央のひだの2つのひだの上の2列のリングに縫い付けます。このシェードには4本の弦があります。コードを付けたリングを上リングの上に通します。マジックテープでマジックテープをマジックテープのマジックテープに貼り付け、プル弦をコードのアコースに固定し、日除けがスムーズに動くようにテストします。