赤ちゃんの寝袋に袖をつける方法

赤ちゃんの寝袋を作ることはあまりにも難しい作業ではなく、既製品を購入するよりもはるかに低コストで、自分の好みに合わせて作ることができます。赤ちゃんの寝袋は、毛布が脱落して蓋が外されても問題がないので、夜中に赤ちゃんを暖かく保つための実用的な方法であるため、長年にわたって人気が高まっています。この利点とは別に、袖が付いている赤ん坊の寝袋には、あなたが望むならば簡単に袖を外すことができるので、より実用的であるという利点があります。

上記のすべての資料を取得する必要があります。赤ちゃんの寝袋用に選択するファブリックのタイプに特別な注意を払う必要があります。コットンとメリノウールは最も一般的な素材の1つですが、モスリンや合成フライバーもいくつか使用されています。あなたの赤ん坊を暖かく保つが、子供を過熱させない材料を選ぶことが、心に留めておく主な側面です。基本的には一般的な気候条件に依存します。あなたが一度材料を決めたら、あなたの好みに合った色と模様で苗を購入し、苗木の配色に合わせることができます。何らかの変更を許すのに十分な材料を購入する。

ステップ1 – 必要な資料を入手する

赤ちゃんの寝袋の場合、正しいサイズで縫うことが重要です。赤ちゃんが滑り落ちて窒息の危険にさらされる可能性があるので、あなたは絶対に大きすぎないようにしてください。だから、特にあなたの長さのガイドラインとしてあなたを助けるためにあなたの子供の赤ん坊の成長の1つを使用することが最善です。

ステップ2 – 必要な測定を行う

ヘム、折り目、およびその他の余裕のために、各側に余分なインチを追加することを念頭に置いて、布を切断します。あなたが必要な長さと幅に応じて長方形にカットし、それを半分に折りたたみ、ネックの開口部を作るために上部に半円形の輪郭をカットします。折りたたみ式の2つの袖を切り取ってください。寝袋の前部は、ジッパーを縫うように半分に切断しなければならない。

ステップ3 – ファブリックをカットする

ジッパーをフロント部分の端に固定します。その後、ミシンでジッパーを縫い付けます。それぞれの袖の縁にピン2の小さなジッパーが付いています。その後、それらを縫う。ボタンを使用することもできます。

ステップ4 – ジッパーを締め付けて縫う

寝袋の前部と後部を一緒に固定する。赤ちゃんの腕が通る場所を残しながら、それらを縫う。

ステップ5 – 両側のピンと縫い合わせ

あなたの赤ん坊の寝袋は今準備ができています。赤ん坊をその中に入れて試してみてください。あなたの希望と温度に応じて、スリーブを着脱することができます。